中国短期金利:9日連続上昇、昨年3月以来で最長-資金吸収

25日の中国金融市場では、指標の短 期金利が9営業日連続で上げ、昨年3月以来で最長の上昇局面となっ た。中国人民銀行(中央銀行)が市場から資金を吸収した。

人民銀はウェブサイトで、460億元(約7600億円)規模の28日物レ ポを同日実施したと発表。利回りは4%だった。米民間調査機関コンフ ァレンス・ボードが発表した2月の中国景気先行指数は前月比0.9%上 昇の282.4となった。1月は0.3%上昇だった。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめた加重平均によると、 7日物レポ金利は上海時間午前10時51分(日本時間同11時51分)現在、 前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.62%。今 月12日からは140bp上昇している。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、1年物金利スワップレ ートは前日比4bp上昇の4.25%。

原題:China Money Rate Rises a Ninth Straight Day as PBOC Drains Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE