中国:地方財政に「小規模な危機」も-元人民銀委員の李氏

中国の地方財政は「小規模な危機」 に向かっているとの認識を、中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会 の李稲葵元委員が25日示した。経済改革が本土初のデフォルト(債務不 履行)につながったことが背景だとしている。

香港でのクレディ・スイス・アジア投資会議に参加した李氏は記者 団に対し、危機は「部分的かつ制御可能で小規模」なものになるだろう と説明。「中央政府には現在、地方政府の債務問題を解決する極めて大 きな余地がある。債務再編のためデフォルトは許容されるべきだ。改革 の一環として今年の後半には確実に起こるだろう」と語った。

同氏はまた、この日のブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、地方政府によるデフォルトが国内経済全体に波及することはない と発言。中国は貯蓄率が高く、中央政府債務の対GDP(国内総生産) 比も低いためリーマン・ショックのような危機が再来する可能性は皆無 だと指摘した。

原題:China Faces ‘Mini Crisis’ on Debt Defaults, Ex-PBOC Adviser Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE