メキシコ湾のマグロの心臓に欠陥、原油流出の影響か-調査

メキシコ湾で英BPが保有するマコ ンド油井で2010年に推定490万バレルの原油が流出した事故の影響によ って、マグロの幼魚の心臓に深刻な欠陥が発生した可能性があることが 米海洋大気局(NOAA)が出資した調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。