アップルがサムスンに勝訴、特許権侵害せず-東京地裁

米アップルと韓国サムスン電子の特 許権をめぐる民事訴訟で、東京地裁の長谷川浩二裁判長は25日、一部の 製品で使われた通信技術について、アップルがサムスンの特許を侵害し ていないという判決を下した。

判決によると、対象となった特許はアップルの「iPhone(ア イフォーン)4S」などが用いるデータ通信に関するもの。長谷川裁判 長は、特許侵害がないため、アップルが製品を販売してもサムスンには 損害賠償を請求する権利はないと指摘した。

両社はスマートフォンやタブレットの特許に関し、世界各地で係争 中。昨年6月に知的財産高裁で下された別の判決は、サムスンの特許権 侵害を認めず、アップルの控訴を棄却した。

判決を受け、サムスンは判決に失望しており、控訴も検討すると電 子メールでコメントした。アップルの広報担当、竹林賢氏からのコメン トは得られていない。

--取材協力:Rose Kim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE