大田政府税調座長:雇用喪失への危機感共有を-法人税下げ必至

政府税制調査会の法人課税ディスカ ッショングループ(DG)座長を務める大田弘子元経済財政担当相は、 企業活動のグローバル化が進む中、高い法人実効税率のままでは企業立 地競争力を失い、雇用喪失につながるとし、法人実効税率の引き下げを 各国に遅れをとることなく実施する必要性を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。