マドフ受刑囚の側近5人に有罪評決、巨額詐欺に加担で

バーナード・マドフ受刑囚が創業し た証券会社に数十年間勤務した元側近5人は24日、175億ドル(約1 兆7900億円)という米国史上最大規模のねずみ講詐欺に加担したとして 有罪評決を受けた。

男性3人と女性2人から成る被告らは、金融の経験がほとんどない か未経験で、マドフ受刑囚に雇われていた。被告らは社内の中枢にいな がらマドフ受刑囚の詐欺を知らなかったと主張してきたが、マンハッタ ンの連邦陪審には受け入れられなかった。

有罪評決を受けたのは、詐欺の中心となった投資顧問部門を率いて いたアネット・ボンジョルノ被告(66)、大口口座を管理していたジョ アン・クルピ被告(53)、マドフ受刑囚の会社の元オペレーション責任 者ダニエル・ボンベンター被告(67)、コンピュータープログラマーの ジョージ・ペレス(48)、ジェローム・オハラ(51)両被告の5人。

米連邦地裁のローラ・テイラー・スウェイン判事は、被告らが7月 下旬に予定される量刑手続きまで保釈可能だが、電子モニターを装着し なければならないとの判断を下した。被告らは最長で20年の禁錮刑を言 い渡される可能性がある。

原題:Madoff Aides Convicted of Helping Run $17.5 Billion Scheme (5)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE