ウクライナ、デフォルト回避へ25日中のIMF支援合意求める

ウクライナ政府はデフォルト(債務 不履行)回避のため、国際通貨基金(IMF)との支援交渉を25日中に も終えることを求めている。支援を確保することで、4カ月に及ぶ政治 危機による経済への悪影響を緩和する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。