スクリン次期社長:業界で提携活発化も-東京エレクの動き影響

半導体製造装置メーカー、大日本ス クリーン製造の垣内永次・次期社長は、米アプライド・マテリアルズが 同業の東京エレクトロンを買収する影響で、業界内の他の競合メーカー の間で今後、資本提携も含めた協業関係の構築を模索する動きが本格化 してくるだろうとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。