積水ハウス:白金の高級物件で不具合、大成建設が是正工事

積水ハウスが東京・白金に建設中の 地上30階建て高級マンションに不具合が生じていたことが24日までに明 らかになった。建物を支えるコンクリートの柱の半分以上で一部鉄筋が 入っていなかった。施工会社である大成建設がすでに是正工事に着手し ている。

積水ハウスの小林啓二広報担当はブルームバーグ・ニュースの取材 に対し、現在建物の地下1階部分を建設中で、大成が先月実施した各工 程の通常検査で、計34本の柱のうち19本で補強筋という鉄筋が図面通り に入っていなかったことが判明したと明らかにした。これを受けて大成 はコンクリートと鉄筋を一度壊して新たに鉄筋を入れる作業に入り、4 月初旬には完了する見込みだという。引き渡しは当初予定通り来年7月 の見通し。

消費増税の導入と2020年の東京五輪開催決定を受けて、都内のマン ション販売が伸びる中、先週は三菱地所と鹿島建設が南青山に建設中の 高級マンションでは、配管用貫通孔の工事ミスによる建て替えが判明し た。東日本大震災の復興事業の影響もあり、都内などでの建設労働者の 人手は不足している。

クレディ・スイスの望月政広アナリストは「三菱地所の一件以来、 人々は不具合などこの種の情報にとてもセンシティブになってきてい る」と述べる一方、「労働力の不足と資材の高騰が建設各社の負担にな ってきているようだ」と指摘。「建設会社は質の高い熟練した職人を確 保する必要がある。経験を積んだ従業員がいないと単純なミスが起こり 得る」と警鐘を鳴らした。

高級マンション

工事に不具合が見つかったのは、積水ハウスが2013年1月に着工し た「グランドメゾン白金の杜 ザ・タワー」(総戸数334戸)。白金台 駅から徒歩10分、最多価格帯は8900万円台で最高3億5900万円の高級マ ンション。今月建て替えが決まった三菱地所レジデンスの販売物件も南 青山7丁目にある最高3億5000万円の高級マンションだった。

積水ハウスの小林氏によれば、是正工事に伴う追加費用は、施工主 である大成の負担になる。また、今回の工事の不具合は「図面の読み違 い」によるもので、もともとの設計内容や改善工事後の建物の品質は全 く問題ないと述べた。大成の下明彦広報担当は、今回の件についてコメ ントを避けた。

25日の株価は積水ハウスが前日比で一時4.8%まで下落した後、12 円(1%)安の1197円と13年8月以来の最安値で取引を終了。大成建設 は13円(2.9%)安の441円となった。この日のTOPIX東証株価指数 は0.1%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE