GPIFにリスク制約「たが」、国内債大幅減は困難-臼杵運営委員

世界最大の年金基金である年金積立 金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内債券を減らす余地は大きく ない-。運用委員会の臼杵政治委員は、リスク許容度の観点から、同法 人が株式など国内債に比べリスクが高いとされる運用資産を増やすには 自ずと限度があると言う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。