米Jクルー:11-1月期は42%減益、年内のIPOを検討

衣料小売りチェーンの米Jクルー・ グループの2013年11月-14年1月(第4四半期)決算では、利益が42% 減少した。ショッピングモールの客足が幅広く減少した。

24日の発表資料によると、純利益は592万ドル(約6億500万円) と、前年同期の1020万ドルから減少した。売上高は約7%増加し6 億8620万ドル。

事情に詳しい複数の関係者によれば、Jクルーは年内の新規株式公 開(IPO)実施を検討している。2月に関係者が語ったところによれ ば、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングへの身売りの可能 性について初期段階の協議を実施した。

Jクルーは3年余り前に投資会社TPGキャピタルとレオナルド・ グリーン・アンド・パートナーズに買収された。事情に詳しい関係者1 人によれば、IPOが実現すれば同社は最大50億ドルの評価を得る可能 性がある。

原題:J. Crew Profit Falls as Company Contemplates Going Public Again(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE