ポルトガル債が7日続伸、市場復帰の楽観で-ドイツ債も上昇

24日の欧州債市場ではポルトガル10 年債が7営業日続伸。同国はあと2カ月足らずで780億ユーロの救済下 から脱却の公算で、調達市場へのアクセスを完全に取り戻すとの楽観が 高まっている。

10年債利回りは2010年以来の低水準まで下げた。この日発表された 経済指標でユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた3月の経済活動 が11年以来の高水準近くとなったことを背景に、域内の景気回復が軌道 に乗っている兆候が強まった。これを受けてギリシャ債も買われた。フ ランスの製造業が予想に反して拡大に転じたこともこの日分かった。ド イツ国債も値上がりした。

DZ銀行(フランクフルト)のアナリスト、クリスティアン・レン ク氏は「ポルトガルの救済プログラム脱却公算日が近づくにつれ、この トレンドはしっかりしてくるだろう」とし、「10年債利回りが4%を下 回ることも十分見込める。朝方発表された景気指数はまちまちで、フラ ンスは予想を大きく上回った。これはユーロ圏にとっては良い兆候だ」 と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ポルトガル10年債利回りは前週末比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.21%。一時 は4.15%と、10年3月以来の低水準を付けた。同国債(表面利 率5.65%、2024年2月償還)価格は0.465上げ111.45。

ギリシャ10年債利回りは19bp下げ6.72%。6日には10年5月以降 で最低の6.62%まで下げた。

英マークイット・エコノミクスがこの日発表した3月のユーロ圏総 合景気指数(速報値)は53.2と、前月の53.3を若干下回った。ブルーム バーグがまとめたエコノミスト26人の予想中央値と一致した。フランス の製造業景気指数は51.9と、2月の49.7から上昇し、11年6月以来の高 水準に達した。両指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

ドイツ10年債利回りは5bp低下し1.58%となった。

原題:Portuguese Bonds Rise Amid Debt-Market Optimism as Bunds Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE