日本が核物質を米国に返還へ、中国の核兵器懸念に配慮

日本は国内にあるウランとプルトニ ウムの一部を米国に返還することで合意した。これは日本が核物質を核 兵器に利用する恐れがあるとの中国の懸念に配慮したもの。

米ホワイトハウスが発表した声明によると、「数百キログラム」の 高濃縮ウランと分離プルトニウムを日本から米国へ返還する。オバマ米 大統領と安倍晋三首相は24日、オランダのハーグで開幕する核安全保障 サミットで発表する。

声明によれば、米国へ引き渡される核物質は日本原子力研究開発機 構で保管されているもので、原子炉実験に使用されていた。

原題:Japan Sending Nuclear-Weapons Material to U.S. in Nod to Chinese(抜粋)

--取材協力:Patrick Donahue、Corina Ruhe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE