金利操作で制裁金のラボバンク、ドライアー氏を会長に起用へ

昨年10月に指標金利をめぐる談合で 7億7400万ユーロ(約1090億円)の制裁金を科されたオランダのラボバ ンク・グループは、リナス・ミンダーハウト暫定会長の後任として、ウ ィーベ・ドライアー氏を会長に起用する方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。