【個別銘柄】日本取引所高い、船井電急落、岩井コスモは急伸

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

日本取引所グループ(8697):前営業日比7.8%高の2531円。傘下 の大阪証券取引所は24日から大阪取引所に名称を改め、東京証券取引所 のデリバティブ(金融派生商品)取引を統合した。現物は東証、先物・ オプションは大阪に一元化され、市場運営の効率化につながるとみられ た。2013-15年度の中期経営計画では、最終年度のデリバティブの年間 取引合計枚数を4億枚と、12年度実績の2.6億枚から拡大を目指す。

パナソニック(6752):6%高の1201円。14年3月期の連結営業利 益は前期比80%増の2900億円前後に達し、従来予想を200億円ほど上回 る見通しと21日付の日本経済新聞朝刊が報道。住宅、自動車関連が好調 なほか、コスト削減や円安も寄与するという。

中部電力(9502):4.8%高の1182円。シティグループ証券は20 日、投資判断「買い」を継続した。電力会社としては唯一、15年3月期 の業績ガイダンスで黒字見通しを示す公算が大きいと予想。PBR0.7 倍を下回り、過小評価されているとした。

三菱重工業(7011):3.2%安の553円。大型クルーズ客船2隻の作 業遅延に伴う費用増などコスト悪化で、14年3月期に600億円程度の特 別損失を計上する予定ときょう午後1時に発表。今後の決算数値の修正 リスクが警戒された。

オムロン(6645):6.3%高の4040円。顔認証や表情、年齢推定な ど人の状態を認識する画像センシング技術の10種類のアルゴリズム、カ メラモジュールを一体化した機器組み込み型のコンポ「HVC」を発売 する、と20日に発表。コンポ内で画像解析処理を完結するため、機器に 取り付けるだけで人の状態情報の取得が可能で、関連機器の簡易化ニー ズを吸収するとみられた。

ヤマトホールディングス(9064):3.5%高の2110円。中国最大の 物流会社である中国郵政集団(チャイナポスト)と提携し、日本企業の 商品を中国全土に宅配するサービスを始めると24日付の日本経済新聞朝 刊が報道。中国の消費者がインターネット通販で購入した商品を最短3 日で届けるという。

船井電機(6839):6.9%安の1017円。14年3月期の連結営業損益 見通しを5億円の黒字から51億円の赤字に下方修正する、と20日に発 表。売上高は想定を0.4%ほど上回る見込みだが、メキシコでPHILIPSブ ランドの液晶テレビ、オーディオアクセサリー製品の損失が第3四半期 以降に発生、在庫処分による採算悪化を踏まえた。

東邦亜鉛(5707):3.3%高の311円。14年3月期の連結営業利益見 通しを35億円から前期比9.9倍の53億円に上方修正する、と20日に発 表。為替の円安推移、金属相場の安定効果に加え、豪州鉱山子会社の操 業改善なども寄与する。

水戸証券(8622):9.2%高の452円。14年3月期末に1株9円の配 当を実施する、と20日に発表。上期末と合わせ年間で16円と、前期12円 から増配する。また、5月1日付で単元株数を100株から100株に変更す るとし、新たな投資家層の参加も見込まれた。

岩井コスモホールディングス(8707):9.9%高の1158円。14年3 月期末に1株45円の配当を実施する、と20日に発表。上期末と合わせ年 間で60円と、前期15円から増配する。

森下仁丹(4524):8.3%高の735円。神戸大学は20日、堀田博教 授、白川利朗准教授らの研究グループがC型肝炎の標準治療法の治癒率 向上が期待できる経口内服タイプのワクチン候補を開発した、と発表。 仁丹は白川准教授と独自の腸溶性シームレスカプセル化技術を応用した 経口ワクチンを開発してきた経緯があり、今後の製品需要が見込まれ た。

栄研化学(4549):5.6%高の1783円。調剤機能のないドラッグス トアで販売されている一般用検査薬として、がんなどの兆しを調べる尿 潜血、便潜血検査薬、不妊治療に使用する排卵日検査薬の3品目を政府 が認可する方針を固めたことが分かった、と23日付の産経新聞が報 道。14年度中にも市販が開始されるという。栄研化は、便潜血検査用試 薬などを製品群に持つ。

丸誠(2434):13%高の705円。総合ビルメンテナンスの同社を高 砂熱学工業(1969)が株式交換で完全子会社化する、と20日に発表。10 月1日付で行い、グループ内のシナジー効果を一層高めるためとした。 丸誠1株に対し高砂熱0.69株を割り当てるため、高砂熱株の20日終 値1016円から算出した理論株価701円にさや寄せした。

クスリのアオキ(3398):7.7%高の6430円。13年6月-14年2月 期の営業利益は前年同期比36%増の47億4900万円だった、と20日に発 表。石川、富山など地盤の北陸を中心にドラッグストアで24店、ドラッ グストア併設調剤薬局を17局新設した。前期比20%増の52億8000万円を 見込む14年5月期計画に対する進捗(しんちょく)率は90%。

マニー(7730):2.7%高の4000円。14年8月期の連結営業利益見 通しを34億7000万円から前期比23%増の36億9500万円に上方修正する、 と20日に発表。アイレス針関連製品の売り上げが想定以上に伸びている ほか、眼科ナイフなどサージカル関連製品、中国やロシア向けデンタル 関連製品の上振れも見込む。

富士製薬工業(4554):3.9%高の1954円。三井物産(8031)と資 本業務提携する、と20日に発表。三井物を割当先とした150万6900株の 第三者増資を行い、三井物が持ち株比率22%で筆頭株主になる。今後の シナジー効果、財務安定が見込まれた。

ヤマトインターナショナル(8127):5.2%安の404円。14年8月期 の連結営業利益見通しを11億円から5億円に下方修正する、と20日に発 表。天候不順の影響から秋物、春物衣料の販売が遅れ、定価販売が減 少。円安による生産コストの上昇も響いた。前期比では11%増益が一 転、49%減益になる見込み。

イクヨ(7273):3.9%高の185円。14年3月期の連結営業利益見通 しを4億5600万円から前期比2.1倍の6億6600万円に上方修正する、 と20日に発表。主要取引先の売り上げが安定的に推移していることに伴 う。同社は三菱自動車、三菱ふそうトラック・バス向けの合成樹脂部品 メーカー。

中国銀行(8382):4.4%高の1272円。発行済み株式総数の3.32% に当たる700万株の自社株を31日付で消却する、と20日に発表。1株価 値の向上が評価された。

日比谷総合設備(1982):6.5%高の1386円。発行済み株式総数 の8.82%に当たる300万株の自社株を31日付で消却する、と20日に発 表。1株価値の向上が評価された。

西華産業(8061):3%高の242円。発行済み株式総数の4.79%に 当たる350万株の自社株を31日付で消却する、と20日に発表。1株価値 の向上が評価された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE