ドル・円は102円台前半、日米金融政策の方向性の違いで底堅い

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=102円台前半を中心に底堅く推移。米国が量的緩和からの 出口政策を進めている一方、日本は消費増税後の景気減速懸念を背景に 追加緩和観測が根強く、ドル買い・円売り圧力がかかりやすくなってい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。