ロシアはウクライナ監視団に合意-クリミア基地を親ロ派占拠

ロシア政府がウクライナへの国際監 視団派遣に同意する一方で、クリミア半島の空軍基地を親ロシア派の勢 力が占拠した。

シュタインマイヤー独外相は22日、キエフで記者団に対し、国際監 視団に関するロシアとの協議は難しいものだったが、監視団が事態悪化 の回避に役立つかもしれないと語った。ロシア外務省は欧州安保協力機 構(OSCE)の監視団派遣の決定を歓迎する声明をウェブサイトに掲 載。監視団の権限はクリミアには及ばないと指摘した。

セバストポリ近郊のベルベク空軍基地のユリ・マムチャー司令官に よると、親ロシア派勢力が同基地を占拠し、同司令官自身が拘束され た。司令官によると、負傷者はいない。

RIAノーボスチ通信によると、クリミアに駐留するウクライナ海 軍の艦艇67隻のうち54隻でロシア海軍の旗が掲げられた。

また、ウクライナの国境沿いにはロシア軍が展開、ウクライナ東部 と南部では親ロシア派の活動家がデモを行っており、プーチン大統領が ウクライナにさらに侵攻する可能性があるとの警戒感が強まっている。

原題:Russia Agrees to Ukraine Monitoring as Crimea Airport Seized (1)(抜粋)

--取材協力:John Walcott、Torrey Clark、Ewa Krukowska、Patrick Donahue、Ian Wishart、Thomas Penny、Catherine Dodge、Julianna Goldman、Ilya Arkhipov、Margaret Talev、Volodymyr Verbyany、Daria Marchak、Kateryna Choursina、Ksenia Galouchko、James G. Neuger、Olga Tanas、Stepan Kravchenko.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE