ボーナス倍増かなう、ジュニアバンカーにはロンドンよりドバイ

アラブ首長国連邦(UAE)で働く ジュニアバンカーの給与はロンドンの同業者より約36%高いほか、賞与 は2倍に近いことが、報酬データ提供業者エモルメントの集計で分かっ た。

エモルメントが電子メールで配布した資料によれば、アナリストの 固定給はUAEで平均9万1000ドル(約930万円)。これに対しロンド ンでは7万3000ドル。ドバイやアブダビなどで構成するUAEでの賞与 は平均2万7000ドルと、ロンドンの1万4000ドルの倍近かった。

2009年にデフォルト(債務不履行)の瀬戸際にあったドバイは景気 回復に伴い、株式や不動産相場が急上昇中。同地でゴールドマン・サッ クス・グループやルネッサンス・キャピタルなどの金融機関はチームを 強化し、バンカー獲得競争を繰り広げている。

エモルメントはUAEでの金融専門職としての就職は侮れないと指 摘。銀行業界が求める人材に「ぴったり合えば、交渉する上で非常に強 いポジションに立てる。ロンドンなど規模の大きな金融センターに比 べ、候補者が少ないためだ」と説明した。

同社によれば、アソシエイト職の給与はUAEが10万7000ドルに対 しロンドンは10万8000ドルと大差ないが、賞与は英国が4万ドルで、 UAEを約29%上回る。ディレクターやマネジングディレクターになる と、ロンドンの方が給与も賞与もUAEより高くなるが、税制や手当な どを考慮すると「実質的な格差は数字が単純に示すより小さい」とい う。

というのもUAEには所得税がないためだ。税免除の経済特区であ るドバイ国際金融センター(DIFC)には、ゴールドマンやシティグ ループ、スタンダードチャータードなど銀行の拠点がある。

原題:London Bonuses Seen Doubled in Dubai for Banking Analysts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE