【今週の債券】長期金利0.5%台の下限探る、年度末最後の買いとの声

今週の債券市場で長期金利は0.5% 台で低下余地を探る展開が予想されている。主要な国債入札がないこと で需給が引き締まり、金利低下圧力が掛かりやすいためだ。金利先安感 を背景に2013年度末最後の買いが入るとの声も聞かれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。