米SACのプロトキン氏、コーエン氏の支援でファンド創設へ

ヘッジファンド運用会社SACキャ ピタル・アドバイザーズのトップマネーマネジャーの一人、ガブリエ ル・プロトキン氏は、年末までに退社し、上司である資産家スティーブ ン・コーエン氏の支援を得て自身のヘッジファンド会社を創設する計画 だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。