米SACのプロトキン氏、コーエン氏の支援でファンド創設へ

ヘッジファンド運用会社SACキャ ピタル・アドバイザーズのトップマネーマネジャーの一人、ガブリエ ル・プロトキン氏は、年末までに退社し、上司である資産家スティーブ ン・コーエン氏の支援を得て自身のヘッジファンド会社を創設する計画 だ。

プロトキン氏(35)は、コーエン氏から2億ドル(約205億円)余 りを受け取る可能性があると、計画に詳しい関係者が匿名を条件に明ら かにした。同氏はSACでレバレッジを含め10億ドル以上の運用に携わ った。

SACは昨年11月、証券詐欺の罪を認め、コーエン氏の個人資産の みを運用する会社になることで当局と合意。社名をポイント72・アセッ ト・マネジメントに変更する同社は2月、社員数を1000人から850人に 減らしたことを明らかにした。

プロトキン氏に電子メールや電話メッセージでコメントを求めた が、返答は得られていない。同氏の計画については米紙ウォールストリ ート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:SAC’s Cohen Is Said to Back Plotkin Fund With $200 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE