スタインFRB理事:緩和政策のリスクを検討する必要ある

米連邦準備制度理事会(FRB)の スタイン理事は、債券相場が過熱している時は、失業率上昇のリスクを 高めることになっても、緩和的な金融施策を後退させる必要があるとの 認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。