NY金(21日):5日ぶり上昇、ウクライナ情勢で逃避需要

ニューヨーク金先物相場は反発。前 日までは過去4カ月で最長の4日続落となっていた。ウクライナをめぐ るロシアと西側諸国の対立がさらに先鋭化する中、逃避の買いが強まっ た。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「安全逃 避目的の買いが入っている」と指摘。「金利上昇見通しのサプライズが あったためセンチメントが悪化しており、きょうの動きは一時的なもの になる可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.4%高の1オンス=1336ドルで終了。年初からは11%上 昇している。週間では3.1%安と、3カ月ぶりの大幅下落。

原題:Gold Rises to Snap Longest Slump in Four Months on Haven Demand(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE