ブラード総裁:名目GDPの目標利用には一層の研究必要

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、名目国内総生産(GDP)を金融政策目標として利用するには、経 済面での一層の研究が必要だとの認識を示した。

総裁はワシントンのブルッキングス研究所で、「われわれはこの議 論を深める必要がある」と述べた。セントルイス連銀が21日、ブラード 総裁の講演原稿を公表した。講演原稿によれば、総裁は経済見通しや現 行の金融政策については発言しなかった。

原題:Bullard Says More Research Needed on Nominal GDP Targeting (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE