ミネアポリス連銀総裁:新たなガイダンスは不確実性を高める

米ミネアポリス連銀のコチャラコタ 総裁は、当局の政策意図に関する新たなガイダンスは不確実性を高める ことによって経済成長を妨げるリスクがあるとの認識を示した。同総裁 は今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で決定に反対票を投じ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。