フィッチ:米格付け「AAA」据え置き、見通しはステーブル

格付け会社フィッチ・レーティング スは米国の格付けを「AAA」に据え置き、格付け見通しを「ネガティ ブ」から「ステーブル」に引き上げた。財政赤字が減少したほか、議会 が連邦債務上限の適用を2015年3月まで停止する法案を可決したこと で、同国のデフォルト(債務不履行)リスクが低下したと説明してい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。