ロシアの格付け見通しを「ネガティブ」に変更-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティング スは21日、ロシアの格付け見通しを「ステーブル」から「ネガティブ」 に引き下げた。ロシアのクリミア編入の動きに対する欧米諸国の制裁措 置が、減速傾向にある同国経済に影響を与える可能性に言及した。

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は20日、ロシアの格 付け見通しを「ネガティブ」に引き下げた。ロシアの格付けはS&P、 フィッチ共に、投資適格級で下から2番目の「BBB」に据え置きとし ている。

フィッチは発表資料で、「現在の状況では米国や欧州連合(EU) の銀行などがロシアへの融資を渋る公算は十分で、ロシア経済が一段と 減速し、民間部門は政府の支援を求めざるを得なくなる可能性がある」 と指摘。「2013年の成長率は1.3%に鈍化し、投資が縮小しつつある」 と説明した。

原題:Russia Credit Outlook Cut by Fitch as U.S., EU Widen Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE