FRBストレステスト:大手30行中29行が合格、自己資本比率で

米連邦準備制度理事会(FRB) が20日に公表したストレステスト(健全性審査)の結果によると、対象 となった大手30行のうち29行が配当を続けながらも深刻なリセッション (景気後退)を乗り越えるだけの資本を保有していると判断された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。