米国債:10年-30年債の利回り格差が縮小、利上げ見通しで

米国債市場では10年債と30年債の利 回り格差が2010年以降で最小となった。経済の成長ペースが緩やかな一 方で、金融当局が予想より速いペースで政策金利を引き上げる可能性を 示唆したことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。