NY金(20日):4日続落、米金利上昇の見通し強まる

ニューヨーク金先物相場は4日続落 し、4日間の下げとしては昨年11月以降で最大となった。前日の米連邦 公開市場委員会(FOMC)を受けて、金利上昇見通しが強まった。イ エレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は債券購入プログラムは今秋 にも終了する可能性があり、その6カ月後にも政策金利を引き上げる可 能性があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。