アジア株下落、FRB議長発言で-香港H株は弱気相場入りへ

20日のアジア株式相場は下落。香港 のハンセン中国企業株(H株)指数は弱気相場入りしそうだ。米連邦準 備制度理事会(FRB)のイエレン議長が、来年半ばごろから政策金利 の引き上げを開始する可能性を示唆した。

オーストラリアの産金会社ニュークレスト・マイニングは7.9% 安。ニューヨーク金相場が3カ月ぶりの大幅安となった。香港市場では 世界最大の電話会社、チャイナ・モバイル(中国移動)が3.2%安。こ のままいけば終値は約5年ぶりの安値となる。同社の昨年10-12月(第 4四半期)利益は予想に届かなかった。電気自動車メーカーの比亜迪 (BYD)は香港市場で10%安。同社の今年1-3月(第1四半期)利 益見通しが市場予想を下回った。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後1時46分(日本時間同2 時46分)現在、前日比1.9%安の132.18。このままいけば2月6日以来 の安値で終了する。

原題:Asian Stocks Decline on Fed; H-Share Index Set for Bear Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE