不明マレーシア機の一部か、インド洋の物体を豪が調査へ

更新日時

オーストラリア当局はインド洋南部 の衛星画像で見つかった2つの物体が消息を絶っているマレーシア航 空370便の一部かどうかを確認するため、哨戒機を派遣した。不明機の 捜索は13日目になっている。

豪海上保安当局の緊急対応本部幹部であるジョン・ヤング氏による と、衛星画像がパースの南西2500キロメートルの捜索域にある物体を16 日に捉えた。大きい方の物体は約24メートルのサイズ。米国とオースト ラリア、ニュージーランドの艦船と航空機が20日に現場を捜索するとい う。

ヤング氏はキャンベラで記者団に「今のところこれが最大の手がか りだろう」と語った。

239人を乗せて消息を絶ったマレーシア航空370便の捜索範囲はイン ド洋南部に絞り込まれている。米連邦捜査局(FBI)もマレーシア当 局の調査に協力している。

衛星映像のコピーによれば、小さい方の物体の大きさは約5メート ル。

原題:Australia to Check Objects in Sea Search for Malaysian Plane (3)(抜粋)

--取材協力:Shamim Adam、Angus Whitley、Kyunghee Park、Xin Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE