中国で大気汚染が新生児に影響か、学習能力に遅れも-研究

中国・重慶市の銅梁で10年前に石炭 火力発電所が閉鎖される前、大気汚染物質にさらされていた母親から生 まれた子供を調査したところ、発電所の閉鎖後に生まれた子供に比べて 遺伝子変異が多く発生し、それが学習能力に悪影響を及ぼしている可能 性があることが最近の研究で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。