中国:不動産開発目的の新株発行、4年ぶり認める-証監会

中国証券監督管理委員会(証監会) は天津天保基建と中茵の2社に対し、不動産開発資金の調達を目的とす る新株発行増資を認可した。こうした案件の承認は約4年ぶり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。