日本の強制労働は「重大な犯罪」-中国外務省報道官

日本の第2次世界大戦中の強制労働 について、中国外務省の洪磊報道官は19日の記者会見で「重大な犯罪」 だと述べた。中国人の元労働者らが日本企業2社を相手に起こした損害 賠償請求の訴えを、北京の裁判所が受理したことを受けて発言した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。