中国:成長安定化に向けた対策の加速表明-国務院が決定

中国当局は経済成長下支えのため に、建設プロジェクトやその他の対策を加速する。中国は今年7.5%成 長を目標としているが、工業生産や投資の伸び鈍化で達成できないリス クが高まっている。

中国国務院が19日の常務会議後に声明を発表した。国務院は声明 で、「既に決定された内需拡大と成長安定のための措置を打ち出す機会 を捉える」とし、「重点投資プロジェクトについてタイミングよく予算 を割り当て、準備作業と建設を加速する」と表明した。

今回の声明は、会議を主宰した李克強首相が成長率目標達成は一段 と困難になりつつあるとの懸念を抱いていることを示す。1-2月の経 済指標では、都市部固定資産投資が同時期として2001年以来の低い伸び となり、小売売上高の増加率も04年以来の低水準となった。首相は公害 や債務増大、金融商品や企業のデフォルト(債務不履行)リスク増加な どの課題にも取り組んでいる。

光大証券の徐高チーフエコノミスト(北京在勤)はリポートで「経 済成長への下押し圧力が強まっている状況下で、成長志向のサインが国 務院の会議で示されるのは極めてタイムリーかつ必要なことだ」と指 摘。「経済成長の適度な加速を促すため、成長安定に向けた措置が徐々 に具体化されるだろう」と記した。

原題:China to Accelerate Measures to Stabilize Growth Amid Slowdown(抜粋)

--取材協力:Li Liu、Cynthia Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE