ボーイング、「787」下請け業者の管理不十分-米連邦航空局

米ボーイングと米監督当局は旅客機 「787」(ドリームライナー)の開発段階において、下請け業者に対す る品質面での管理をほとんど行っていなかった。米連邦航空局( FAA)がこうした分析結果と監督強化のための7つの提言を盛り込ん だ報告書を19日に公表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。