米社債保証コスト上昇、FOMC金利予測が上方修正-CDS

19日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇した。米連 邦公開市場委員会(FOMC)がフェデラルファンド(FF)金利誘導 目標を来年末までに引き上げるとの予測を示すとともに、月間の債券購 入額を550億ドルに減額すると決定したことが背景。

ブルームバーグの集計データによると、北米企業の信用リスクの指 標であるマークイットCDX北米投資適格指数は、ニューヨーク時間午 後4時20分(日本時間20日午前5時20分)現在、1.3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の64.5bp。一時は62.4bpまで低下し ていた。

FOMCが発表した予測(中央値)によると、政策決定議論に参加 した当局者はFF金利誘導目標を2015年末時点で1%、16年末は2.25% と予想。労働市場見通し改善を受けて前回予測から上方修正された。19 日のFOMC声明は、ゼロ金利を引き上げる時期について幅広い情報を 基に判断すると説明し、失業率6.5%という利上げ検討の目安を変更し た。

リーダー・キャピタル(オレゴン州ポートランド)のマネーマネジ ャー、スコット・カーマック氏は電話取材で、「市場が現在織り込みつ つあるのは、米金融当局が従来予想よりも若干早目に行動を起こす可能 性があるということだ」と指摘。「市場の注目点は、短期金利が実際に 引き上げられる時期へと移り始めている」と述べた。

原題:U.S. Corporate Credit Swaps Rise as Fed Outlines Stimulus Exit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE