丸紅が8800万ドル支払い、海外腐敗行為防止法違反-米司法省

丸紅は発電事業向け案件の受注に絡 んだインドネシア当局者への贈賄に関連して米海外腐敗行為防止法 (FCPA)違反に問われていた問題で、8800万ドル(約90億円)を支 払う司法取引で米司法省と合意した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。