NY銅:3年8カ月ぶり安値から反発、売られ過ぎとの見方で

19日のニューヨーク銅先物相場は反 発。世界2位の消費国である米国で景気回復力の強さを示す兆候が見ら れる中で、相場が3年8カ月ぶりの安値を付けたのは行き過ぎとの見方 が一部の投資家の間で広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。