NY原油(19日):続伸、100ドル乗せ-クッシング在庫減少で

ニューヨーク原油相場は続伸し、1 バレル当たり100ドルを超えた。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ 州クッシングの在庫が7週連続で減少したことが影響した。前日に明ら かになったシーウェイ・パイプラインの輸送能力倍増計画も、引き続き 好感された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。