FOMC:利上げは幅広く検討、QE終了の6カ月後にも

米連邦公開市場委員会(FOMC) は18-19日に開催した定例会合後に声明を発表し、政策金利と失業率の 特定水準を関連付けるのをやめ、少なくとも来年まで超低金利を維持す る方針を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。