アジア株:MSCI指数、下落-FOMC待ちで方向感乏しい

19日のアジア株式市場では、 MSCIアジア太平洋指数が下落。投資家が企業決算を見極めようとす る中、前日終値を挟んで行きつ戻りつの展開となった。市場は米連邦公 開市場委員会(FOMC)声明の発表待ち気分が強い。

食品加工メーカーの統一企業中国は香港市場で8%安。2013年度の 利益がアナリスト予想を下回った。中国の不動産開発会社、碧桂園(カ ントリー・ガーデン・ホールディングス)は3.4%安。最高財務責任者 (CFO)の辞任が響いた。

コンピューターソフトウエア開発の金山軟件(キングソフト) は7.6%高。このままいけば上場来の高値で終了する。通期利益が予想 を上回ったことが好感された。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後3時1分(日本時間同4 時1分)現在、前日比0.2%安の134.76。この日は0.4%高から0.4%安 のレンジで推移した。

原題:Asia Stock Gauge Swings Before Fed as Investors Weigh Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE