中国株(終了):下落、不動産部門のデフォルト懸念で

中国株式相場は下落。人民元はドル に対して11カ月ぶり安値近くとなった。不動産開発会社、浙江興潤置業 投資の破綻を受け、経済成長が鈍化する中で不動産業界がさらなるデフ ォルト(債務不履行)に見舞われかねないとの懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。