シティ、110万ドルで和解-FINRAが空売り規制違反と主張

米銀シティグループの証券部門は、 空売り規制違反を指摘した米金融取引業規制機構(FINRA)との間 で、110万ドル(約1億1200万円)を支払い和解することで合意した。

FINRAが18日発表した声明によれば、シティグループ・グロー バル・マーケッツは、株式公募価格が決まるまでの制限期間中にその株 式を空売りし、その後公募に参加することを禁じた「ルール105」 に2009年と10年に違反した。シティは公募価格が決定される5日以内に 株式を空売りし、その後5件の公募に参加して株式を購入していたとい う。

シティ広報担当のスコット・へルフマン氏は電子メールで、同行が 「この問題の解決に満足している」とコメント。シティは和解に当たり FINRAの主張を肯定も否定もしていない。

原題:Citigroup Fined by Finra and Bats Over Short Sale Violations (1)(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE