日銀木内氏:技術的に可能でも妥当ではない-長期国債購入ペース倍増

日本銀行の木内登英審議委員は19日 午後、大津市内で会見し、日銀保有額を年間50兆円増加させるペースで 行っている長期国債の買い入れを100兆円に倍増させることについて、 技術的には可能でも、副作用が効果を上回るして「妥当ではない」との 見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。