ロシア株の回復は短命に、欧米の制裁強化で-ファイアバード

ロシア株の回復は短命に終わるだろ うと、ファイアバード・マネジメントなどが指摘した。プーチン大統領 はウクライナ南部クリミアの併合に向けて動いており、欧米による制裁 が強化される見込みだ。

欧州連合(EU)と米国はロシア当局者らを対象とする制裁措置を 発動。オバマ米大統領はロシアがクリミアから撤退しなければ追加制裁 を講じると警告した。16日に行われたクリミアの住民投票では、96%強 がロシアへの帰属替えを支持した。

米国に上場しているロシア企業14社で構成されるブルームバーグの 株価指数は17日、2週間ぶり大幅高となり、ロシア株の指標の MICEX指数は2010年以来の安値から反発した。クリミアの住民投票 で心配されていた武力衝突が起きなかったことが手掛かり。プーチン大 統領がウクライナに侵攻すればロシアの景気下降がさらに進むとの懸念 を背景に、MICEX指数は弱気相場入りしていた。

ファイアバードの創業パートナー、イアン・ヘイグ氏は17日の電話 インタビューで、「クリミア併合は米国やEUによるさらに厳しい制裁 につながるだろう。ロシアがそれを免れることはない」と述べた。

原題:PineBridge Says Bear-Market Stock Rebound Will Fade on Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE