米GMのバーラCEO:リコール問題で謝罪-聖域設けず調査

米ゼネラル・モーターズ(GM)の メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は18日、小型車160万台の リコール(無料の回収・修理)について謝罪し、この問題の調査に「聖 域はない」と言明した。同CEOがリコール問題について報道陣に語っ たのは就任後初めて。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。