ドルは101円前半、ウクライナ情勢めぐる不透明感でリスク回避

東京外国為替市場でドル・円相場は 1ドル=101円台半ば。ウクライナ情勢を背景としたリスク回避がやや 落ち着きを見せる中、米国での連邦公開市場委員会(FOMC)の結果 発表を控え、値動きは限定的だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。