英バークレイズがインデックス部門売却検討-406億円相当か

資産規模で英銀2位のバークレイズ は、インデックス・ポートフォリオ・リスクソリューションズ (IPRS)部門の売却を検討しており、売却額は4億ドル(約406億 円)に達する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにし た。

関係者2人によれば、バークレイズはIPRS部門に対する買収提 案の募集を1カ月以内に開始する予定。関係者の1人が語ったところで は、先物市場を運営する米CMEグループが昨年の段階でIPRS部門 の買収を打診した経緯があり、募集に応じて買収案を提示することが予 想される。

バークレイズのニューヨーク在勤の広報担当ブランドン・アシュク ラフト氏と、CMEグループ広報のローリー・ビッシェル氏はいずれも コメントを避けた。

IPRS部門をめぐっては、MSCIからのアプローチを受けて、 バークレイズが選択肢の検討を開始したとロイター通信が昨年11月に伝 えていた。MSCIの広報担当エディングス・ティボルト氏は、コメン トを控えている。

IPRS部門は、USアグリゲート債券指数のほか、2008年に破綻 したリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの資産買収によってバー クレイズが取得した指数の管理・運営を行う。IPRS部門を含む投資 銀行は、今年の抜本的な業務見直し計画の対象となっており、別の関係 者によると、さらなる人員削減や不採算ビジネスの売却が予想される。

バークレイズのウェブサイトによれば、ポートフォリオ管理ソフト の投資家への提供も行うIPRS部門の顧客数は、全世界で200を超え る。このうち資金・資産運用会社が半分以上を占め、それ以外の顧客に は年金基金や政府系ファンド、保険会社、ヘッジファンドが含まれる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE