中国の商品ファイナンス取引、2年内に解消か-ゴールドマン

銅や天然ゴムなどの商品を担保とし て融資を受けるファイナンス取引が、中国で1-2年以内に解消される 可能性があるとの見方を、米ゴールドマン・サックス・グループが示し た。中国人民元の変動性が高まっていることが主因としている。

ゴールドマンが18日発表したリポートによると、ファイナンス取引 が解消されれば最大100万トンの銅と3000万トンの鉄鉱石が放出される 見込み。ジェフリー・カリー氏率いるアナリストらは「ファイナンス取 引解消によるショックを吸収するには現物の流動性が比較的限定的であ るため」、解消は弱材料になると指摘。現時点では引き続き利益が上が っており、中国の経済成長に及ぼす潜在的な影響を考えると、「政府が 前触れもなく取り締まりを実施する」可能性は低いとの見方を示した。

アナリストらは「為替ヘッジコストの増加などにより、中国の商品 に関連するファイナンス取引は中期的に見て徐々に解消されると当社は みている。為替ヘッジコストの増加はファイナンス取引の収益性を徐々 にむしばむ可能性がある」と述べた。

リポートによると、中国での商品を担保とするファイナンス取引は 総額で最大1600億ドル(約16兆2300億円)相当に上り、同国の短期外貨 借入残高全体の31%を占める。金や銅、鉄鉱石が担保として最も一般的 に利用されており、大豆やパーム油、天然ゴム、ニッケル、亜鉛、アル ミニウムなどがこれに続くという。

原題:Goldman Says Chinese Commodity Financing May Unwind in 24 Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE